FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブースターの取り付け DCM-381L - アンテナ工事 #07

アンテナと分配器の間にブースターを入れます。
ブースターは随分前に買っておいたDXアンテナのDCM-381Lです。アナログ時代の製品です。
DSC00798_RS.jpg

地デジの時代になっても電波が変わった訳ではないのでそのまま使えます。
設置場所は1階と2階の間にある梁の上です。一番太く安定した部材なので地震が来ても安心です。
DSC00801_RS.jpg

アースも分配器と共に付けました。ホームセンターで売っていた10mのパック品を使いましたが、
これが硬くて束ねぐせが直りません。表面に印刷されている表示を見るとTa Hsing Electric Wire and Cable
という台湾メーカー製らしいです。芯線が硬いだけかと思ったら、被覆のビニールも硬いのです。
自作PCで台湾メーカーの電源を使うこともありますが、これほど硬い線材は珍しいですね。
DSC00807_RS.jpg

現状では地デジのUHFだけなのでVHFの領域は絞っています。埃の多い天井裏なのでできればケース
に入れたいのですが、機器の発熱や夏場の高温もあるので、様子を見てからプラケースを検討します。
DSC00804_RS.jpg

アンテナはまだ仮のBSATD02ですが、ブースター追加後のレベルは以下のとおりです。

設置場所:横浜市保土ケ谷区(東京スカイツリーから約34.7km)、標高:約52m
アンテナ:バッファロー BSATD02
ケーブル:アンテナ~中継=S-4C-FB(6m)、中継~壁コンセント=S-5C-FB(6m)、壁~チューナ=S-4C-FB(3m)
チューナ:マスプロ DT610
ブースター:DXアンテナ DCM-381L
分配器:日本アンテナ DI5W

16ch (東京MX) : 86
18ch (tvk) : 96
21ch (フジ ) : 96
22ch (TBS) : 96
23ch (テレ東) : 96
24ch (テレ朝) : 96
25ch (日テレ) : 96
26ch (NHK-E) : 82
27ch (NHK-G) : 74
28ch (放送大) : 82
30ch (千葉 ) : 12
32ch (テレ玉) : 50

不得意な東京MXも十分なレベルで民放各局は完璧です。少々入力過剰かも。
NHK総合がちょっと低いですが、レベルを見ながら調整すればもう少し良くなるでしょう。
微小ながらこれまでゼロだった千葉が現れました。埼玉もアンテナ直結と同じレベルに復活です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。