FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱化学メディア製DVD-R(CPRM)の品質劣化 VHR12JP50V4

PCでWindowsのセットアップディスクなどを作る場合でもデータ用ではなく、録画用(CPRM)のディスク
を使っています。最近、Windows7のISOファイルからDVDを焼いた時、ManufacturerIDが「RITEKF1」
になっていることに気づきました。

今使っているディスクは三菱化学メディア(Verbatimブランド)なので、てっきり「CMC AMG.AM3」か
「MCC 03RG20」だろうと思っていたので久しぶりに品質チェックしてみました。

書き込んだ機器は東芝VARDIA RD-S300(但しDVDドライブはND-3540Aに換装)、
計測ツールはnero CD-DVD Speed 4.7.7.16です。

まず問題のディスクはVHR12JP50V4でAmazonなどでも普通に出回っている商品です。
img008.jpg

MID「RITEKF1」の計測結果です。これは酷い!! SI Errorが100近く出ています。
書き込んだのが大夫使い込んだND-3540Aとしてもいい値とはいえません。
ritekf1.jpg

その前に使っていた同じ三菱化学メディア(Verbatim)のVHR12JP25V1を見てみました。
MIDは「MCC 03RG20」です。
mcc03rg20.jpg

書き込みドライブの劣化もあるかなと思い、その頃併用していたマクセルもチェックしました。
MIDは「MXL RG04」これはまずまずの結果です。
mxlrg04.jpg

さらにその前に使っていた三菱化学メディア(Verbatim)のVHR12JP50V1です。
こちらのMIDは「CMC AMG.AM3」でした。これはマクセルと同等です。
cmcmag-am3.jpg

結果として、最近の製品になるほど品質が低下しているのが気になります。
「RITEKF1」についてはこれ以上使うのを躊躇するレベルです。
Verbatimブランドで型番の最後が「V4」のものは注意が必要だと思います。
使う機材によっては違う結果がでるかも知れませんが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。