スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8 Proダウンロード版導入での失敗

HDD換装したVAIOノートをWindows8に入れ換えようと思い、一番安価なダウンロード版でセットアップ
しましたが、情報をしっかり確認せず行ったので失敗しました。その記録です。

ハードウェア検証とデバイスドライバの確認も兼ねて、リカバリーディスクで出荷状態に戻しました。
このモデル(VGN-SZ94PS)はVistaの時代に、あえてXPを選んで買ったものです。
これをWindows7 64bitにアップグレードして今まで使ってきました。
なのでマシンとしては64bit動作が可能ですが、初期状態でのOSはWindows XP(32bit)です。
DSC00393_R.jpg

これでMicrosoftのサイトからダウンロード版(\3,300)を購入しました。
しかしダウンロードを進める中で32bit/64bitの選択画面がありません。
win8setup-x86-1.jpg

いやな予感のまま作業は進み、ファイルの準備が終わってそのままインストールするか
後で行うかが選べるのですが、ISOイメージで保存することが出来ません。
win8setup-x86-2.jpg

結局そのままインストールしますが、案の定セットアップされたのは32bitのWindows8 Proです。
32bit版では4GBのメモリが無駄になりOSを更新した意味がありません。
win8setup-x86-3.jpg

調べたところ、32bitのOSが動くマシンでダウンロードしたものは32bitになり、64bitの
OSでは64bitでダウンロードされるとのこと。これはVistaや7も同じです。
さらにXPでダウンロードしたものはUSBやDVDに保存する選択肢がなく、PC上に作成されたファイル
からのインストールしか出来ません。

パッケージ版は32/64bit両方のディスクが添付され自由に選べるのに、ダウンロード版に
こんな制約があるのは知りませんでした。再ダウンロードの手段を探しているとプロダクトキーを
使ってダウンロードできるサイトがありました。

プロダクト キーのみを使用して Windows 8 にアップグレードする方法
win8setup-x86-4.jpg

自作デスクトップがVistaの64bitだったので、セットアッププログラムを実行したところ
エラーになりダウンロード出来ません。エラーコードの表示もなく、再起動しても効果なしです。

マシンはWindows8 Release Previewが動くのでハード問題ではないはず。
仕方ないのでHDDを残しておいたWindows8 Release Previewに差し替え、やっとダウンロード
できました。プロダクトキーに32bit/64bitの区別は無いようです。

うっかり32bit環境でダウンロードして手こずりましたが、なんとか64bitのセットアップDVD
が出来ました。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。