スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDドライブのレーザー出力調整を試す AD-7173A

RD-S300で使っていたDVDドライブAD-7173A(1台目)ですが、CMC製メディアへの書込み結果が
悪いので降ろしてきました。このまま使うのも何なので、最新ファーム(Ver1.04)に更新したついでに
レーザー出力を調整して改善されるか試してみます。

本体裏のネジ4本を外し、底板を外すと上側のケースも簡単に外れます。
ピックアップ部分が載っている基板上に調整用のボリュームが2個付いています。
DSCF3448_Res.jpg

2個ともに右回しで30度ほど回しました。30度といっても正確に測ったわけではありません。
心配な場合は初期状態の位置に油性ペンでマークしておくといいでしょう。
同時に光学モジュールが載っているレールも掃除して、軽くシリコンオイルを塗布しておきました。

再びケースをネジ止めしたらPCに接続して結果を見ます。
今回はテスト用に4GB以上の容量がほしかったので、Windows8.1 Proのセットアップディスクを
書き込んでみました。ディスクはビクターのVD-R120AT50です。
2014-06-21 220250-jvc7173a-lup

一般情報
ドライブ: ATAPI DVD A DH20A4P
ファームウェア: 9P59
ディスクタイプ:: DVD-R (CMC MAG. AM3)
選択速度: 4 X
PI errors
最大: 35
平均: 10.64
合計: 190475
PI failures
最大: 7
平均: 0.16
合計: 23092
PO failures: n/a
Jitter: n/a
スキャニング統計
経過時間: 14:32
サンプル数: 122453
平均スキャン間隔: 1.17 ECC
不良を除去: 0

これまではPIEが最大200を超え、平均でも90~100前後でしたがかなり改善しました。
PIFの方はあまり変化はないようです。
3GBあたりでPIFが大きくなるのはこのディスク特有の現象です。

このくらいの数値になっていれば通常の使用には問題ないレベルだと思います。
2層ディスクに影響がないか心配ですが、これは次回RD-S300に戻した時に確認します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。