スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカパー!チューナーの熱対策 DST-HD1

ソニーのスカパー!HDチューナーですが動作していない待機状態でもほんのりと暖かく、受信中は
かなり熱くなります。DVDレコーダー(RD-S300)の上に乗せてあるのでそこからの熱も伝わり、夏場は
結構な温度になってしまいます。

中をチェックすると動画処理チップにはヒートシンクが付いています。
フィンには1枚のバネが付いていて、これがケースに接触して熱を逃がす構造のようです。
DSCF3407_RS.jpg

薄いバネなので充分に熱が伝わるか疑問ですし、そもそもヒートシンクの表面積(フィンの枚数)が
不足しているのだと思います。

裏側を見るとゴム脚の高さが低く、本体下の空間が足りません。
1mmちょっとの厚さしかないのでこれを剥がし、少し厚みのあるものに貼り替えました。
これで増える空間は2mmほどですが、多少は空気の流れが増えます。
DSCF3416_RS.jpg DSCF3418_RS.jpg

今回は本体の改造はせず、パソコン用の放熱ボードを下に置いて効果を見たいと思います。
以前VAIO用に使っていたアーベルのNCLA4HGYです。中の液がもれて使わなくなったものです。
SN3G0621_RS.jpg

奥行きが少し足りないのですが、脚4カ所は乗りました。
これでチューナーの熱が下に伝わらず、レコーダーの熱がチューナーに伝わりにくくなります。
DSCF3411_RS.jpg SN3G0617_RS.jpg

これで効果がなければヒートシンクにアルミ板を増設するか、電源部から12Vを探して小型のファンを
取り付けることになるでしょう。そこまでやりたくはありませんが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。