FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-アプリがFLACに対応しちゃった!?

久しぶりにX-アプリを立ち上げたら、更新を薦められました。
いつものバグ取りかなと思いダウンロードして実行してみると、バージョンが6になっています。
カスタムインストールを始めてみたら、拡張子の関連付けのところでFLACとDSDが選択可能になっています。
x-appli-60-1.jpg

機能追加があったのかとソニーのサイトを見てみたら、ハイレゾ対応が主な機能追加のようです。
X-アプリはFLACにも対応せず、現在販売されているウォークマンにはMedia GOが添付されるようになり、
このまま終息するのかと思っていました。なのでX-アプリのライブラリは更新を止めて、Media GOへの
移行を始めていたのですが、FLACに対応したとなると話が変わってきます。

ところが調べてみるとFLACに対応したのはファイルの取り込みと転送だけで、CDからの取り込みなど
フォーマットのエンコードには非対応との事。紛らわしい。
つまり、FLACで配信されているものをダウンロードするか、他のソフトでエンコードしたファイルを
インポートすることになる訳です。

前回、5.0から5.1へ更新した時にはアップデートに失敗したらしく、起動させても無応答でフリーズ
してしまい、手動でアンインストールしてから更新のやり直しをするはめになりましたが、今回は
正常に終わりました。6.0を起動してみると、画面表示の色をウォークマン本体の色に合わせたり
(対応機種のみ)、好みの色に選択できるようになったようです。

Media GOのFLACファイルを取り込んでみることにします。
今回はお試しなので、The Carsのアルバム(スタジオ録音6枚、ベスト盤1枚)を読み込んでみました。
X-アプリのライブラリは更新したくないので、ファイルのコピーはせずに取り込みました。
x-appli-60-4.jpg

ファイルは全部で74個、取り込みには15分ぐらいかかりました。
ネットワーク上においたNASからの取り込みなので、ローカルドライブならもう少し速くできると思います。
x-appli-60-5.jpg

ライブラリを開くと既にATRACで取り込み済みのアルバムはFLACのファイルとダブって登録されます。
同じ楽曲だからと確認されるようなことはありません。ファイルを見るとFLACの方が2~3MB小さくなって
います。
x-appli-60-6.jpg

フォーマットのFLAC化をしつつX-アプリのライブラリを更新するとなると、結局古いATRACファイルは棄てて
FLACファイルを時間をかけて取り込むことになり実用的ではないと思います。
当然アルバムアートも取り込まれないので1つずつ登録し直すことになり、こちらの手間もかかります。
CDからの取り込みはMedia GOで行って、X-アプリで取り込んで使えるかと軽く考えていましたが、
それは難しいようです。

それにしてもソニーはこの先X-アプリをどうするつもりでしょうか?
同じようなソフトを平行して開発するより早く一本化してくれた方が、ユーザは安心してライブラリを
構築できます。同じソニーなんだからTPPの交渉よりは簡単なはず、Media GOで行くのならX-アプリで
中途半端な追加はせず、開発人員を集中させてまだ荒削りなMedia GOを使いやすくしてほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。