FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーケーブルを外してみたら・・・ AT6105

居間に置いてあるAVアンプの調子がどうもおかしい。左右のスピーカーのバランスが崩れ、常に右が弱く
感じていました。最近、ケーブル類のチェックをしていなかったので、スピーカーケーブルを外して見ました。

アンプ側、スピーカー側共にケーブルにはケーブルターミネーターを付けています。
もう20年近く使っているでしょうか、オーディオテクニカのAT6105です。調べてみたら、まだ現役の製品でした。
芯線を差し込んでネジで締め付けるタイプですが、けっこう緩んでいました。
SN3G0564_RS.jpg

ケーブルはパイオニアのJC-200です。たぶんケーブルも一緒に買ったので20年ぐらい前の製品だと思います。
赤白2本ずつのスター・クアッド構造、太さのわりの柔らかめなので取り回しは楽なケーブルです。
SN3G0567_RS.jpg

アンプ側を外しケーブルをまとめているとネジを緩めていないのにターミネーターが外れてしまいました。
見ると雄ねじ側が割れてしまいケーブルが抜けてしまったようです。

8個のうち、2個はネジ部が完全に割れてしまい使い物になりません。分解して確認したところ、2個にヒビ
が入っていて、ちょっと力を入れたらこちらも割れてしまいました。
割れたのはすべてアンプ側だったので、長年の熱が影響しているかも知れません。
SN3G0565_RS.jpg

ちなみにAT6105はこんな構造です。古い製品なので現在販売されているものと同じかは判りません。
スピーカーケーブルを差し込む部分はV字型をしており、そこにリード線をネジで締めて圧着させます。
SN3G0569_RS.jpg

ターミネーターに使われているケーブルは金メッキされたOFC線ですが、絶縁のビニール部分から外す
ことが出来ます。長さが足りない時や芯線が切れた時は別のリード線に換えることも可能だと思います。
DSC01131_RS.jpg

幸いにも赤黒2個ずつが残ったので、こちらは予備に残すことにしました。
スピーカーケーブルの方は芯線をむき直して、バナナプラグで繋ごうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。