スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボードの分解掃除 FKP01

キーボードはダイヤテックのマジェスタッチ・テンキーレス(FKBN91M)を使っています。
もう4年ぐらい使っていますがキーの隙間を見るとゴミが目立って来ました。キートップや表面の
ゴミを払って軽く拭く程度で、キーを外しての掃除はしていません。
Keytop_Puller_04.jpg

キーを外す工具と言えば、プラスチック製のリングに2本の爪があるやつを使ってましたが
たまに硬いキーを引き抜くとどこかへ飛ばしてしまい困りました。
今回はちょっと値段は張りますが、キーボードと同じダイヤテック製のFKP01を買ってみました。
Keytop_Puller_03.jpg

単純な工具ですが、キートップを引っ掛けるワイヤーが2~3mmずれています。
ここがポイントでワイヤーを斜めに差し込む際、片手でもスムーズに入ります。
また1個ずつ外さなくても3個までワイヤーの中に収まるので、手早く作業ができます。
Keytop_Puller_01.jpg

今回の引き抜き作業で力任せに引き抜いても飛ばしてしまうことはありませんでした。
キーを全て引き抜くとこんなにゴミが詰まっていました。結構、猫の毛が多いです。
Keytop_Puller_02.jpg

キートップは中性洗剤で水洗いしてすっかり綺麗になりました。
但しCherryのMXスイッチは真ん中が十字の溝になっているので、この部分に入った水が
なかなか乾きませんでした。

キーボードのクリーナーはブラシとかゲル状の製品もありますが、キーの下に入り込んだ
ホコリは取れません。やはり長持ちさせるには、手間を惜しまず外して洗うのが一番です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

100均のLAN中継コネクタを試す

前回はダイソーで買ったアンテナ中継コネクタを記事にしましたが、今回はLANケーブルです。
中を覗いて見ましたが、ツイストペアのケーブルが使われており端子だけ短絡されている訳では
ありません。市販のメーカー品と同じ作りです。
Daiso_Lan100ext_02.jpg

クロス変換ケーブルに付いていた中継コネクタを失くしてしまい、短いケーブルだけが残っていました。
これにストレートケーブルを付けてクロスに切り替えます。昔はPCショップでよく見かけたものですが
最近はなくなりました。クロスケーブルは今ではほとんど使いませんが、まれにルータの設定などで
使いたい時があります。
Daiso_Lan100ext_01.jpg

1本だけケーブルテスターでは確認できないクロスケーブルがありました。
これに中継コネクタと短いクロスケーブルをつなぐとストレートに変換できます。
試してみるとLEDが4ペアともミドリ点灯になり、ケーブルは正常なことが確認できました。
Daiso_Lan100ext_03.jpg

中継コネクタのパッケージにはこんなことが書いてあります。
Daiso_Lan100ext_06.jpg

「通信速度カテゴリー6のケーブルにもご使用頂けますが、通信速度は、カテゴリー5になります。」
ちょっとおかしな表現ですよね。これでは1000BASE-Tのネットワークでこれを使うと100BASE-TX相当に
速度が落ちてしまうと思う人もいるでしょう。

そんな事はないはずなので速度を計測して見ました。
計測ツールはLAN Speed Test (Lite)を使いました。

<テスト環境>
デスクトップPC (FMV-D5280)
|
| ←UTPケーブル(ヨリ線、CAT5e : 2m)
|
スイッチングハブ (Corega CG-SW05GTPLW)
|
| ←UTPケーブル(単線、CAT5 : 10m)
|
スイッチングハブ (Corega CG-SW08GTR)
|
| ←UTPケーブル(ヨリ線、CAT5e : 1m)
|
ファイルサーバー (自作、NAS4Free)

上記のような構成でPCとハブの間、ハブとハブの間に中継コネクタを入れ3mのカテゴリー5
ケーブル(単線)を延長して転送速度を測りました。
DSCF4055_FC2RS.jpg

まずは延長しない状態での値です。
1000BASE-Tの場合、600~800Mbpsも出ていれば合格です。
パケットサイズはデフォルト値の20MByteですが、サイズを大きくすれば数値は落ちます。
今回は速度のチェックではなく、中継の有無による変化なのでそのまま使用しました。
Daiso_Lan100ext_04a.jpg

PCとハブの間を延長した時の結果です。
スイッチング・ハブに挿しているコネクタを抜いて、中継コネクタで延長しました。
リードが若干低下しましたが誤差程度です。
何回か試していると延長していない時より早い場合もあります。
Daiso_Lan100ext_05a.jpg

ハブとハブの間にも入れて見ましたが結果は同じでした。速度低下は無く値は誤差の範囲でした。
数十mのケーブルを延長すれば変わるかも知れませんが、その場合はケーブルの長さが影響する
と思われます。追加したのが撚り線や細いケーブルだったら少し違った結果になったかも知れません。

一般家庭で使う限り、こうした100円の延長コネクタでも全く問題ないことが判りました。
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

有線LANの引き直し、50mのケーブル購入 LD-CT/LG50/RS

BSの同軸ケーブルを引き直すついでにLANケーブルも見直すことにしました。
現在のケーブルを引いたのは9年前でADSLから光回線になった時でしたが、モールを使って廊下の
天井部分に配線したので長さも大回りになっていました。
ケーブルも会社で使わなくなった輸入品の怪しいカテゴリー5のものでした。

ルータやハブを繋ぐケーブルは長くなるので単線を使いますが、カテゴリー6は使わず5eとしました。
現在主流の1000BASE-Tではエンハンスド・カテゴリー5でも充分対応でき、壁のLANコンセントなども
交換せずに済むからです。

カテゴリー6と5eでどのくらい差が出るかですが、下記サイトのデータを見ると誤差程度と思われます。
ケーブルの規格も重要ですがハブの性能とか、コネクターの品質も重要な気がします。

LANケーブルが変わると速度がどれほどアップするか38種類テスト結果まとめ


LANケーブル種類・カテゴリーによる通信速度比較(ベンチマーク)

ケーブル長は見積もったところ50mもあれば足りそうです。
100mの箱入りでも\4,000以下でありますが、余らせても単線なので短い用途には向きません。
両端にコネクター付きですが、エレコムのLD-CT/LG50/RSが安く手に入りました。
簡易包装なのでビニール袋に入っただけの販売です。
Lan_Cat5e_fc2_01.jpg

単線なのでパッチケーブルしか触ったことが無い人は固く感じるでしょう。
ケーブルには"EIA/TIA-568B.2"とあり、コネクターの配線はT568Bになっています。
Lan_Cat5e_fc2_03.jpg

参考にカテゴリー5のケーブルと比べて見ました。
15年ぐらい前に買ったエレコムの製品だと思いますが、ケーブルの製造は関西通信電線です。
こちらはツイストペア線の撚りが少なく、シースの内側に空間があります。そのため導体の太さは
今回買ったケーブルと同じですが、ケーブルの外形はこちらの方が太くなっています。
Lan_Cat5e_fc2_02.jpg

両端のコネクターを比べて見ると、端子部分の撚り戻し(平行になっている部分)がエンハンスド
カテゴリー5では短くなっているのが判ります。カテゴリー6相当になっているようです。
Lan_Cat5e_fc2_04.jpg

エレコムでも現在販売されているLD-CTNというシリーズは50mでも撚り線になっているようです。
ユーザーが柔らかいケーブルを欲しがるからでしょうが、単線は箱売りだけになりつつあります。
個人的には撚り線は3mまで、柔らかいだけの極細ケーブルやフラットケーブルは使いません。
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

100均の同軸ケーブル中継コネクタ

アンテナの同軸ケーブル中継器が必要になったのですが、100均でも売っていると聞いたので
近所のダイソーで探してみました。

F型接栓用はなく、差し込み式のアンテナケーブルをつなぐタイプのものしかありません。
接栓部を覗くとネジは切ってあるようなので何とかなるだろうと買ってきました。
ExtPlug100_fc2_01.jpg

家に戻ってあけて見ると、周りのカバーとネジの隙間がせまく接栓が入りそうもありません。
ExtPlug100_fc2_03.jpg

ケーブルを繋いでみましたが、ネジが2山ぐらいしか入りません。
これでは接触不良で使えません。
ExtPlug100_fc2_02.jpg

白いカバーは柔らかい樹脂製だったので、外してしまえば使えそうです。
カッターの刃も簡単に入り、カバーを外すことができました。
中から出てきたのは普通の中継用コネクターです。
ExtPlug100_fc2_04.jpg

F型接栓付きケーブルを繋いでみました。
電器店などで売られているものより若干長さが短く、中央のナット部分の厚みが薄いようですが
実用上の問題はないです。
ExtPlug100_fc2_05.jpg

今回は縦にバッサリ切ってしまいましたが、片側だけネジが出るように切れば差し込み式の
アンテナケーブルとF型接栓も繋ぐことができます。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

安いUSBカメラを遠隔監視用に使ってみる LiveCaputre3

BSアンテナの交換を予定していますが、取付作業でポイントになるのが仰角と方位の調整です。
レベルチェッカーがあればよいのですが\3,000程度しますし、それほど使用することもないと思った
のでテレビのアンテナレベル表示で行うことにしました。

テレビをベランダに持ち込むのも大変なのでPCのカメラで画面を撮影し、もう1台でモニターできれば
作業場所でチェックできて便利です。ソフトはフリーのものがいくつかあるようなので、まずは安い
USBカメラを買ってきました。

ELECOMで200万画素のカメラ(UCAM-C0220FE)が\1,000ちょっとでありました。
主にチャット用だと思いますが、今回はTV画面の一部が確認できればいいだけなので十分です。
Amazonから届いた箱はUSBカメラにしては大きなものでした。
usbcam_fc2_01.jpg

箱の中身はカメラ本体、取説、マイク付きイヤホンだけです。
ドライバーは不要な製品なのでCDなどはありません。専用ユーティリティもELECOMのサイト
からダウンロードで入手するようになっています。
usbcam_fc2_02.jpg

カメラはディスプレイの上に引っ掛けて使うタイプでコンパクトです。
usbcam_fc2_03.jpg

ディスプレイの上に乗せて使う場合はよいのですが、机の上などに置いて使う時はカメラが軽いので
動いてしまいます。裏側はこんな感じなのでゴムなどを貼り付ければよくなると思います。
usbcam_fc2_04.jpg

ELECOMの公開しているユーティリティ「WebCamアシスタント」で映りを試して見ましたが、安いカメラ
なので動きの早いものは苦手なようです。YouTube用などに動きの大きい動画をきれいに見たいのであれば、
もう少し上位の機種を選んだ方がいいかも知れません。

簡易監視用としては充分使えることがわかったので、次に監視カメラとして使うソフトの検証です。
はじめに試したのがGmax IP Cameraですが、私の環境では処理が重くて滑らかな動画になりません。
送信側と受信側のPCを取り替えたりしても効果なく、ブラウザのFlashがクラッシュしたり不安定なので
あきらめました。
gmax-ipcamhd.png

次に試したのがLiveCapture3です。
インストールも簡単で余計なアドオンを入れられることもありません。安心して使えます。
livecap3_fc2_02.png

変更したのはすべてのユーザーで使えるようにした程度です。
livecap3_fc2_03.png

撮影側のPCでUSB接続のローカルカメラとして登録します。
livecap3_fc2_04.png

ローカルカメラとして登録できたら、ウェブ経由で参照できるようにポート番号を指定します。
livecap3_fc2_07.png

プレビュー画面左にある監視開始のボタンを押せば画像の配信がはじまります。
livecap3_fc2_01.png

受信側のブラウザで撮影側のURLと設定したポート番号を指定すれば表示できます。
(例:http://192.168.0.100:8088/など)
試した結果、ブラウザで表示させると非力なPCでは若干表示が遅れるようです。

その場合は受信側でもLiveCapture3をインストールして、撮影側のカメラをネットワークカメラ
として指定します。撮影側PCのURLとポート番号を設定すればOKです。
livecap3_fc2_05.png

セキュリティソフトによっては使用するポート番号を許容してやる必要があるかも知れません。
私の場合、Nortonを使っていますが変更なしで問題なく表示できました。

CPUも非力でメモリが2.5GBのノートPCでも撮影側、受信側で更新が止まることなく滑らかに表示
出来ていますので、予備マシンなどを使って簡単に監視カメラで実現できると思います。
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ak61jack

Author:ak61jack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
icat by IPA
RSSリンク
にほんブログ村 (参加カテゴリー)
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。